Automatically generated installer lang files
[moodle.git] / install / lang / ja / install.php
1 <?php
3 // This file is part of Moodle - http://moodle.org/
4 //
5 // Moodle is free software: you can redistribute it and/or modify
6 // it under the terms of the GNU General Public License as published by
7 // the Free Software Foundation, either version 3 of the License, or
8 // (at your option) any later version.
9 //
10 // Moodle is distributed in the hope that it will be useful,
11 // but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
12 // MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.  See the
13 // GNU General Public License for more details.
14 //
15 // You should have received a copy of the GNU General Public License
16 // along with Moodle.  If not, see <http://www.gnu.org/licenses/>.
18 /**
19  * Automatically generated strings for Moodle installer
20  *
21  * Do not edit this file manually! It contains just a subset of strings
22  * needed during the very first steps of installation. This file was
23  * generated automatically by export-installer.php (which is part of AMOS
24  * {@link http://docs.moodle.org/dev/Languages/AMOS}) using the
25  * list of strings defined in /install/stringnames.txt.
26  *
27  * @package   installer
28  * @license   http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html GNU GPL v3 or later
29  */
31 defined('MOODLE_INTERNAL') || die();
33 $string['admindirname'] = 'Adminディレクトリ';
34 $string['availablelangs'] = '利用可能な言語パック';
35 $string['chooselanguagehead'] = '言語を選択してください。';
36 $string['chooselanguagesub'] = 'インストールのみに使用する言語を選択してください。この言語はサイトのデフォルト言語としても使用されます。後でサイト言語を変更することができます。';
37 $string['clialreadyconfigured'] = '設定ファイルconfig.phpはすでに登録されています。このサイトをインストールする場合、admin/cli/install_database.phpを使用してください。';
38 $string['clialreadyinstalled'] = '設定ファイルconfig.phpは、すでに登録されています。このサイトをアップグレードする場合、admin/cli/upgrade.phpを使用してください。';
39 $string['cliinstallheader'] = 'Moodle {$a} コマンドラインインストールプログラム';
40 $string['databasehost'] = 'データベースホスト :';
41 $string['databasename'] = 'データベース名 :';
42 $string['databasetypehead'] = 'データベースドライバを選択する';
43 $string['dataroot'] = 'データディレクトリ';
44 $string['datarootpermission'] = 'データディレクトリパーミッション';
45 $string['dbprefix'] = 'テーブル接頭辞';
46 $string['dirroot'] = 'Moodleディレクトリ';
47 $string['environmenthead'] = 'あなたの環境を確認しています ...';
48 $string['environmentsub2'] = 'それぞれのMoodleリリースにはPHPバージョンの最小必要条件および多くの必須PHP拡張モジュールがあります。完全な環境チェックはインストールおよびアップグレードごとに実行されます。新しいPHPバージョンのインストールまたはPHP拡張モジュールの有効化に関して分からない場合、あなたのサーバ管理者にご連絡ください。';
49 $string['errorsinenvironment'] = '環境チェックが失敗しました!';
50 $string['installation'] = 'インストレーション';
51 $string['langdownloaderror'] = '残念ですが、言語「 {$a} 」をダウンロードできませんでした。インストール処理は英語で継続されます。';
52 $string['memorylimithelp'] = '<p>現在、サーバのPHPメモリ制限が {$a} に設定されています。</p>
54 <p>この設定ではMoodleのメモリに関わるトラブルが発生する可能性があります。 特に多くのモジュールを使用したり、多くのユーザがMoodleを使用する場合にトラブルが発生します。</p>
56 <p>可能でしたら、PHPのメモリ制限上限を40M以上に設定されることをお勧めします。この設定を実現するために、いくつかの方法があります:
57 <ol>
58 <li>あなたがリコンパイル可能な場合、PHPを<i>--enable-memory-limit</i>オプションでコンパイルしてください。これにより、Moodle自身がメモリ制限を設定することが可能になります。</li>
59 <li>あなたがphp.iniファイルにアクセスできる場合、<b>memory_limit</b>設定を40Mのように変更することができます。php.iniファイルにアクセスできない場合、管理者に変更を依頼してください。</li>
60 <li>いくつかのPHPサーバでは、下記の行を含む.htaccessファイルをMoodleディレクトリに作成することができます:
61 <blockquote><div>php_value memory_limit 40M</div></blockquote>
62 <p>しかし、この設定が<b>すべての</b>PHPページの動作を妨げる場合もあります。ページ閲覧中にエラーが表示される場合、.htaccessファイルを削除してください。</p></li>
63 </ol>';
64 $string['paths'] = 'パス';
65 $string['pathserrcreatedataroot'] = 'データディレクトリ ({$a->dataroot}) はインストーラーで作成できません。';
66 $string['pathshead'] = 'パスを確認する';
67 $string['pathsrodataroot'] = 'datarootディレクトリに書き込み権がありません。';
68 $string['pathsroparentdataroot'] = '親ディレクトリ ({$a->parent}) に書き込み権がありません。データディレクトリ ({$a->dataroot}) はインストーラーで作成できません。';
69 $string['pathssubadmindir'] = 'まれに、コントロールパネルまたはその他の管理ツールにアクセスするためのURLとして/adminディレクトリを使用しているウェブホストがあります。残念ですが、これはMoodle管理ページの標準的なロケーションと衝突します。あなたはインストール時にadminディレクトリをリネームすることができます。ここに新しいディレクトリ名を入力してください。例: <br /> <br /><b>moodleadmin</b><br /> <br />
70 これによりMoodleでのadminへのリンクを変更します。';
71 $string['pathssubdataroot'] = '<p>ユーザによってアップロードされたファイルコンテンツすべてをMoodleが保存するディレクトリです。</p>
72 <p>このディレクトリはウェブサーバユーザ (通常「nobody」または「apache」) から読み込みおよび書き込みできる必要があります。</p>
73 <p>ウェブからは直接アクセスできないようにしてください。</p>
74 <p>現在ディレクトリが存在しない場合、インストレーションプロセスは作成を試みます。</p';
75 $string['pathssubdirroot'] = '<p>Moodleコードを含むディレクトリに関するフルパスです。</p>';
76 $string['pathssubwwwroot'] = '<p>Moodleにアクセスすることのできるフルウェブアドレスです。例えばユーザがブラウザのアドレスバーに入力してMoodleにアクセスするためのアドレスです。</p>
78 <p>複数アドレスを使用してMoodleにアクセスすることはできません。あなたのサイトに複数アドレスからアクセスできる場合、最も簡単なアドレスを選択して、すべてのアドレスにパーマネントリダイレクトを設定してください。</p>
80 <p>あなたのサイトにインターネットおよび内部ネットワーク (イントラネットと呼ばれます) からアクセスできる場合、ここではパブリックアドレスを使用してください。</p>
82 <p>現在のアドレスが正しくない場合、あなたのブラウザのURLを変更して、異なる値でインストレーションを再開してください。</p>';
83 $string['pathsunsecuredataroot'] = 'dataroot ロケーションが安全ではありません。';
84 $string['pathswrongadmindir'] = 'adminディレクトリがありません。';
85 $string['phpextension'] = '{$a} PHP拡張モジュール';
86 $string['phpversion'] = 'PHPバージョン';
87 $string['phpversionhelp'] = '<p>Moodleには少なくとも5.6.5または7.1のPHPバージョンが必要です (7.0.x にはエンジンの制限があります)。</p>
88 <p>現在、あなたはバージョン {$a} を動作させています。</p>
89 <p>PHPをアップグレードするか新しいバージョンのPHPがインストールされているホストに移動する必要があります。</p>';
90 $string['welcomep10'] = '{$a->installername} ({$a->installerversion})';
91 $string['welcomep20'] = 'インストールが正常に完了して、あなたのコンピュータで <strong>{$a->packname} {$a->packversion}</strong> パッケージが起動されたため、このページが表示されています。おめでとうございます!';
92 $string['welcomep30'] = 'このリリース <strong>{$a->installername}</strong> には<strong>Moodle</strong>で環境を作成するアプリケーションが含まれています。すなわち:';
93 $string['welcomep40'] = 'パッケージには <strong>Moodle {$a->moodlerelease} ({$a->moodleversion})</strong> も含まれています。';
94 $string['welcomep50'] = 'このパッケージ内のすべてのアプリケーションの使用は個々のライセンスによって規定されています。全体の<strong>{$a->installername}</strong>パッケージは<a href="http://www.opensource.org/docs/definition_plain.html">オープンソース</a>であり、<a href="http://www.gnu.org/copyleft/gpl.html">GPL</a>ライセンスの下で配布されています。';
95 $string['welcomep60'] = '次からのページはあなたのコンピュータに<strong>Moodle</strong>を簡単に設定およびセットアップする手順にしたがって進みます。あなたはデフォルトの設定を使用することも、必要に応じて任意で設定を変更することもできます。';
96 $string['welcomep70'] = '<strong>Moodle</strong>のセットアップを続けるには「次へ」ボタンをクリックしてください。';
97 $string['wwwroot'] = 'ウェブアドレス';